食事によるEDの対処法とは

EDは勃起不全の事を指します。病気やけが、薬により起こることもありますが、ストレスや生活習慣の乱れによっても起こります。そのため若い方でもなりやすく、なる年代も様々です。
EDは血液が十分に行きわたらないために起こることが多く、糖尿病などの生活習慣病の方に症状が出やすいです。そのため日ごろから食事や運動に気を付ける必要があります。
食事においての対処法は血液をさらさらとした状態にするために、大豆や魚、海藻、野菜、きのこ類、ネギ類を摂取すると良いでしょう。肉類はコレステロールを多く含むので血液の流れを悪くしてしまいます。魚にはオメガ3脂肪酸であるEPAやDHAといった必須脂肪酸が多く含まれています。良質な脂質なので外食をする場合も魚を選ぶようにしますがどうしても肉類が食べたい時は鶏肉を選びましょう。鶏肉は血中のコレステロールを抑えることのできる不飽和脂肪酸が含まれており、精子をつくるのに必要なたんぱく質も他の肉より豊富です。
野菜類では山芋が良いです。山芋にはムチンと呼ばれる物質があり、ムチンには性欲をアップさせる働きがあります。この他、キウイフルーツやごまにも性機能に働きかける成分が含まれています。毎日少しずつで良いので食事に取り入れるように心がけます。
肥満になると血液の流れも悪くなるので、野菜から食べるなど食事の順番にも気を配るようにします。ゆっくり良く噛んで食べることが大切で、脂質や糖質の取りすぎにも気を付けます。スポーツドリンクは糖分が多く含まれているので、喉が渇いたときはお茶を飲むか、口の中に氷を入れゆっくりと飲むようにしましょう。ストレスをためないことも大切なので、楽しく食事ができるような雰囲気を作るのも大切です。

EDは他人事ではありません。軽度の症状から重度の症状まで様々です。自分がEDかも?と疑うことが治療の第一歩です。EDに関する様々な情報を紹介していきます。EDは自然に治癒しませんので、自分がEDかもと感じたらすぐに治療しましょう。

ED関係の記事

ページの先頭へ戻る